査定をしてくれる業者を探す

>

セットで売るのがおすすめ

付属品を調べよう

家具や家電は、本体だけを売るより付属品もセットで売った方が高くなります。
説明書が付属していたなら、それも業者に渡してください。
予備のパーツなどがあれば、それも付属品に含まれます。
購入してから時間が経過すれば、どんな付属品が付いていたのかわからなくなると思います。
説明書を見れば、何がセットになっているのかきちんと記載しているので確認してください。

もちろん業者は、本体だけでも買取ってくれます。
しかし、価値が下がるのでハッキリ言ってもったいないです。
説明書はすぐ取り出せるところで保管してれば、急に売ることになっても大丈夫ですね。
また、服は予備のボタンが付いているものが多いです。
それも付いているか確認しましょう。

箱は捨てずに取っておこう

大きな家具や家電は、箱を取っておくのが難しいと思います。
しかし小さな家具や家電だったら、箱も保管できるでしょう。
箱があれば、売る時に査定金額が高くなるのでできれば保管しておいてください。
業者に高く売るコツは、買った時の状態で査定に出すことです。
もしかしたら将来売るかもしれないと思って、箱も綺麗に取っておきましょう。

箱があっても、汚れやシミがついていたらいけません。
綺麗に保管することが重要です。
箱の有無でも、査定金額が大きく変わります。
不用品を売った時に、予想より少ない金額になったらショックですよね。
日の当たるところに箱を置いていると、色が変わって汚くなります。
日の当たらない場所で保管しましょう。


TOPへ戻る